何のためにセミナーするのか?

セミナーの目的は何か? ゴールはなに?

何のためにセミナーをするのか、
セミナー開催する場合、明確にする必要があります。

ここでいう「目的」とはセミナーの「狙い、意図」です。
そして「ゴール」とは、「手に入るもの」とします。

技術の提供なら、
参加者の方に習得してもらうことが目的です。
そして、どの程度まで習得したものを実践できるか
その程度を設定してゴールとします。

また、小売業、専門店といった商品がある方、
士業、コンサルタント、コーチ、カウンセラー
セラピスト、といった提供するサービスがある方、

それぞれ、商品やサービスを知ってもらうことが目的で、
次に商品を購入する、または個別相談にお申し込みする、
個別契約するという、行動を起こしてもらうのがゴールです。

セミナー講師側の目的、ゴールの設定だけでなく、
参加者にとっての目的、ゴールがあります。

このセミナーに参加する狙いや意図は何か?
そして、セミナーに参加して何を持ち帰れるのか?

ここを明文化しておくと、後でブレが無くなります。

内容を作る時、アイデアが湧いてきて
次々伝えたいことが出てくるような場合、
本来の目的からズレてくることがあります。

ですから、「何のために」という目的を
文章にしておくと、中心に戻れるのです。

これはセミナーをしている最中でも
大切なものです。

(アリー)

プロコーチが教える☆セミナー講師養成講座

このブログは、

セミナーを使ってファンを増やしブランド力UP!
【プロコーチが教える☆セミナー講師養成講座】
をご紹介するものです。

オリジナルコンテンツの作成から
集客する方法まで一貫した指導のもと
3ケ月後には「講師」になって販路拡大を実現する超実践講座。

セミナー講師のためのあり方、ノウハウ等を

ライフコーチ 三上弘恵
ビジネスコーチ 矢野紗基
マーケティングコーチ 船戸滉哲

3人のコーチでお届けします。

ライフコーチのアリー(三上弘恵)です。

あなたはセミナーに参加したことはありますか?

私は、セミナー大好きで、日本国内のみならず
海外のセミナーまで参加し、英語ができないのに
セミナースタッフまで経験しました。
国内でもセミナーの運営側も経験しました。

セミナー好きの私ですが、
学生時代はイヤイヤ勉強をしていました。

ところが、社会人となり、
自分が興味のあるものを知りたい
という欲求が強くなりました。

新しいことを知る喜びが癖になり、
それが実践できることなら、
すぐに、結果が出ます。

結果を踏まえて、次にどうするという
気づきや知恵が湧き、
学ぶことが本当に面白くなったのです。

昔「クイズ面白ゼミナール」1981年~1988年
最高視聴率42.2%を記録したNHK人気クイズ番組。
司会の鈴木健二アナウンサーの
「知るは楽しみなり・・・」という決まり文句で
スタートする番組がありました。

セミナーに参加することで、まさに
“知ることの楽しみ”を実感していました。

ですから、
様々なタイプのセミナーを経験しました。

講師が知識や情報を話し続ける講演タイプ。
グループワークや個人で考えることが多いワークショップ。
技術を指導するもの。

人数も数人から何千人というものまで。
場所も会議室に限らず、屋外やキッチン、
ホテルのスイートルーム、合宿など、
様々です。

まさか、今度は自分が講師側に立つなんて
思いもよりませんでした。

いざ、講師となると、見えなかったこと
疑問に思うこと、どうたらいいのか迷うこと、
沢山出てきました。

2006年から講師としての活動をしていますが、
その時に、こんな講座があったら良かった。
という講座を作りました。

知っていたら、もっと講師を楽しめたし、
参加者の方も、より内容が受け取りやすかったのでは
と思います。

そして、セミナーの活用方法を知ることで、
事業展開も変わっていたのだと思います。

これからその内容をお伝えしていきます。

(アリー)